【イメージで完全理解】toとforの使い分け




to for もA点からB点への移動を表す前置詞です。

This is a present to you.

This is a present for you.

この2つの和訳は同じ「これはあなたへのプレゼントです」ですが、イメージは大きく異なります。

その違いとはto到着点に重きがあり、for出発点に重きがあることです。

到着点に重き “to”

This is a present to you.

これはあなたへのプレゼントです。

と言った場合は到着点が「あなた」であっても出発点は誰なのか確定していません。

もしかしたら

This is a present to you from Tom.

これはトムからあなたへのプレゼントです。

と、プレゼントを渡している本人以外からのモノかもしれません。

出発点に重き “for”

This is a present for you.

これはあなたへのプレゼントです。

出発点がプレゼントを渡している本人であることが明かなのです。

したがって「あなたのための」という心のこもったイメージも伴います。

バレンタインデーで義理チョコを渡すときはto you, to you, to you

本命チョコを渡すときはfor you

みたいなイメージでしょうか。

 

次に旅行するときを例にとってみましょう。

「彼はイギリスに行った」到着点に重きがあるので、

He went to England.

 

「彼はイギリスに出発した」出発点に重きがあるので

He left for England.

 

 

東京駅で看板に注目してみて下さい。

名古屋、新大阪方面行きプラットフォームの看板には

for Nagoya, Shin-Osakaと書かれてますよ。

by 各務 乙彦


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。