なぜwantがwould like toになると丁寧なのか?




I want to thank you for your help.

私はあなたのご助力に感謝したいです。

このセリフの丁寧な言い方が

I would like to thank you for your help.

私はあなたのご助力に感謝したいです。

になるのはよく知られています。

しかし、

want→would like to

が、なぜ丁寧な表現になるのでしょうか?

今回はこの謎を解き明かしていきます。

 

動詞 – like

likeという動詞は 「動名詞」「不定詞の名詞的用法」の両方を目的語にとることができます。

そして、そのどちらを目的語にとるのかによって、微妙ですが意味に違いがでてきます。

動名詞を目的語にとる

「動名詞」を目的語にとった場合は名詞的な要素が強くなります。

I like swimming. 「私は水泳が好きだ」←「水泳」という名詞に重き

不定詞を目的語にとる

 それに対して「不定詞」を目的語にとった場合は動作的要素が強くなります。

I like to swim. 「私は泳ぐことが好きだ」←「泳ぐ」という動作に重き

「私は泳ぐことが好きだ」は、「私は泳ぎたい」ということを示唆し、 この段階でlikewantの婉曲な表現になります

日本語との共通点

これは日本語にも通じる部分があります。

たとえば、

お昼は何を召し上がりますか?

と聞かれて、

天ぷらが食べたいのですが。

というよりも

天ぷらが好きなのですが。

というほうが婉曲な分、丁寧に聞こえます。

仮定法過去 – would

そしてこのlikeに仮定法過去のwouldが付くと「もし可能なら」という、さらなる婉曲さが加わり、

would like to do~

もし可能なら~したいのですが

という、丁寧な要求になるのです。

英語は日本語ほど丁寧語が発達していないため、would likeが多用されます。

今回解説した内容が分かっていれば、ずいぶん使い勝手がよくなります。

 I would like to use “would like” in various opportunities!

私は様々な機会で“would like”を使いたいと思います!

by 各務 乙彦


英語を0から組み立て直す教室

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。

コメントを残す