無料体験レッスンのスケジュールを更新しました(5月27日)

【和製英語にご注意】チャレンジ編




「私はチェスの仕方を学ぶことにチャレンジしています」

(A) I’m “challenging” to learn how to play chess.

(B) I’m “trying” to learn how to play chess.

どちらが正解でしょう?

 

人を食ったような問題ですね。

しかし正解は⭕(B)I’m “trying” to learn how to play chess.なのです。

 

どういうことでしょうか?

「チャレンジ」は和製英語として日常会話でも頻繁に使われています。

そして「チャレンジ」を国語辞書で引くと「挑戦すること。特に困難な物事や未経験のことに」と書かれてあります。

なんとこの意味に対応する英語はtryなのです。

 

challengeの用法

それではchallengeはどのような使い方をするのでしょうか?

英語のchallenge[動詞]は「〜(誰か)に試合/戦いを挑む」という意味で、必ず〜(誰か)という目的語が必要になります。

なので

❌(A)I’m “challenging” to learn how to play chess.

でも意味をくんではもらえるでしょうが、文法的には間違いです。

challenge[動詞]

(例)I challenged him to a tennis match.

「私は彼にテニスの試合を挑んだ

のように用いるのが正解です。

 

名詞・形容詞用法

challengeは、名詞形や形容詞形としても良く使われます。

a challenge [名詞]やりがいがあること

It’s a challenge to climb Mt. Fuji.

「富士山に登ることはやりがいのあることです」

challenging[形容詞]やりがいがある

Climbing Mt. Fuji is challenging.

「富士山に登ることはやりがいがあります」

My job now is very challenging.

「今の私の仕事はとてもやりがいがあります」

 

和製英語のイメージに引っ張られて文法を間違えないように気をつけましょう。

by 各務 乙彦


英語を0から組み立て直す

 

中学レベルの英文法を使った自動化トレーニング。『知っている』と『使える』とでは全く次元が異ななります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。