【刺身で交流】日本食文化の伝え方




 

四方を海に囲まれた海洋立国日本。海から多くの恵みを受けており、新鮮で豊富な海産物はその中の一つです。刺身や寿司はそんな地理が生んだ我々のソウルフードと言えるでしょう。

そんな日本の食文化を外国人に紹介する際、

We eat fish raw.

私たちは魚を生で食べます。

I like raw fish.

私は生魚が好きです。

などと舌っ足らずに説明してしまいます。

この説明、私達には 魚を生で食べる=刺身か寿司で食べる がわかっているのでいいのですが、

多くの外国人にはこのようなイメージが想像されてしまいます。。。

 

sashimi

それではどう説明すればよいのでしょうか?

最近はありがたいことにsashimiSushiと同様に世界で通用するようになってきました。

なので最初に、

I like sashimi.

私は刺身が好きです。

と、探りを入れてみて、相手がそれで理解すればそれでOK。

もし相手が理解しない場合は

I like sashimi. It’s a Japanese dish which is bite-sized pieces of sliced raw fish.

私は刺身が好きです。それは一口サイズにスライスされた生魚である日本の料理です。

と説明しましょう。

 

ついでに寿司の説明も覚えてしまってください。

Sushi is bite-sized balls of rice with sashimi on it.

お寿司はお刺身がその上に乗っている一口サイズのライスボールです。

あとがき

実は今回のraw fishの話しは、私がイギリスに語学留学していたときにあるホームステイ先の食事中に実際に起こったことです。40歳代のご夫婦と中学生の息子の家庭で、皆で夕食を食べていたときに私が

We eat raw fish in Japan.

と言ったら、

奥さんと息子は瞬時にすごい顔になり凍り付きました。

私は何が起こっているのかわからずに戸惑っていると、ご主人が少し考えた後に、

Well, we eat oysters raw, then why not fish.

私たちはオイスターを生で食べるよね、だったら魚だって。

と救いの手を差し伸べてくれて、その後のやりとりでやっとお刺身を理解してもらえました。

本場のジェントルマンはフォローも一流ですね。

by 各務 乙彦


英語を0から組み立て直す教室

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。