【”〜する”の意味が変わる?】willとbe going toの使い分け




 

 

日本の学校文法で

“will do~”

→「~でしょう」

※単純未来

“be going to do~”

→「~するつもりだ」

※話者の意思が入る

と習います。

 

この考え方はほぼ正しいのですが、より具体的に定義すると

will

「未来のことを、“今”考えたばかりで、具体的な日時を伴わない場合が多い」

be going to

「未来のことを、“前もって”考えていて、具体的な日時を伴う場合が多い」

となります。

 

例文をいくつか挙げます。

Who will do this job?

「誰がこの仕事をしますか?」

→Ill do it.

「私がそれをします」:今決断したイメージ。

→I’m going to do it.

「私がそれをします」:前もって決断していたイメージ。

 

同じ「私がそれをします」でも、答える人の気持ちの準備のイメージがかなり違います。

 

テニスラケットを持って移動している何人かを見たら

Theyre going to play tennis soon.

「彼らはすぐにテニスをするでしょう」:すでに準備が整っている

 

今度一緒にテニスをしようと話しをしている何人かを見たら

They’ll play tennis some day.

「彼らはいつかテニスをするでしょう」:不確実な未来

 

おなかの大きな妊婦を見たら

✘ She’ll have a baby.

ではなくて

⭕ Shes going to have a baby.

が適切です。

 

これで“will”“be going to”のイメージの違いが実感できたのではないでしょうか。

 

“will”“be going to”は、おそらくあなたの英語人生で、これから何百回と使うことになるでしょう。

 

by 各務 乙彦

 

ホームにもどる


英文法の学び方改革

 

英文法も学び方一つで強力な武器に。

『知っている』と『使える』とでは全く次元が異なります。

「努力したのに・・・」

英語ができないのはあなたが悪いのではなかったのです。

コメントを残す